こだわりのどんぶり!豚丼発祥のヒストリーを知ろう!

開拓の祖 依田勉三が豚4頭を連れて入植したのが帯広での養豚のはじまり。大正末期には豚肉料理が一般的になりつつありましたが、庶民が食べられる豚肉料理は少なく、貴重なものでした。豚丼がはじめて登場したのは昭和8年。庶民にも食べられる料理ということで、うな丼をヒントにした甘辛いタレを絡めて焼いた豚丼をつくりました。今ではおびひろの市民に愛された郷土料理として食べられています。

こだわりの豚肉

十勝の豚肉は生産者それぞれが飼い方などを工夫したこだわりの豚肉。じゃがいもを豊富に食べ日本一きれいな清流の水を飲んで育った豚、チーズの生成段階に発生するホエー(乳清)を与えて育てた豚、大自然の中を放し飼いで育てた豚など、愛情たっぷり元気いっぱいに育てられています。豚丼はジューシーな旨味と上質で深い甘み、さらりとした口溶けという十勝産豚肉の魅力を最大限に活かした逸品です。

おぴひろ豚丼ガイドブック

何十年も続く老舗、注目の新店。帯広市内には豚丼を提棋するお店が200店以上も!おびひろの豚丼を食ベ歩くなら前150店舗もの情報を掲載した「おぴひろ豚丼ガイドブック」で探すのがおすすめ。食べ歩いて、あなたのお気に入りを見つけて。
【パンフレットはこちら】

買って帰れるお土産もいろいろ!

お土産もいろいろ!

「豚丼のタレ」は大人気のお土産のひとつ。また、ちょっと変わった「豚丼」シリーズも!?
豚丼おかき、豚丼チョコなど、どんな味なのか人に話したくなるお土産もあります。

食の宝庫おびひろには、他にもご当地グルメが!

農業王国・酪農王国として知られる十勝の食料自給率はなんと1,100パーセント!
そんな十勝の食材を活かした絶品ご当地グルメがたくさんあります。

中華チラシ

●中華チラシ

おびひろの庶民の味である中華チラシは元々、まかない食でした。野菜、海産物、豚肉を炒め、いり卵を加え白米にのせて完成。和風の味わいが最大の特徴。市内の中華店などで食べられます。

ジンギスカン

●ジンギスカン

北海道といえば、ジンギスカン!おびひろにはジンギスカンの名店が数多くあります。

十勝ボロネーゼ

●十勝ボロネーゼ

十勝産小麦「ゆめちから」を主とした生パスタに十勝産の和牛、豚挽肉、とかちマッシュ、豆などを使ったご当地グルメです。

とかちハヤシ

●とかちハヤシ

十勝産にこだわり、十勝産黒豚や十勝産マッシュルームをじっくり煮込んで作られた逸品。市内飲食店で食べられる他、とかち物産センター(帯広駅エスタ東館2F)でお土産にピッタリなレトルトも販売中。

十勝牛じゃん麺

● 十勝牛じゃん麺

十勝産牛の挽き肉を使った甘辛の肉味噌を、十勝産小麦とポテトパウダーを練り込んだ麺にかけた汁のないジャージャー麺。

とかちアヒージョ

●とかちアヒージョ

地場産の食材となたね油でとかち風にアレンジしたアヒージョです。

十勝・帯広のお土産はここで!

とかち物産センター

●とかち物産センター

帯広市西2条南12丁目 エスタ東館2階
営業時間/9:00~18:00
休/年末年始のみ(12/31~1/3)

帯広駅エスタ西館 とかち食物語

●帯広駅エスタ西館 とかち食物語

帯広市西2条南12丁目(JR帯広駅直結)
営業時間/8:30~19:00(お買物)、10:00~19:45(お食事)
休/第3水曜日