世界で唯一のばんえい競馬、迫力のある真剣勝負に大興奮!

明治時代、生活に欠かすことができなかった馬たちが神社のお祭りで行った「力比べ」、それがばんえい競馬のはじまりです。かつては北海道の4都市にあったばんえい競馬も、今はここ「帯広」のみ。体重1トンを超える馬が砂を掻き分け、撒き散らしながら鉄ソリを曳く姿は、昔も今も変わらず、見る者の心を魅了し続けています。

高さ1mの第一障害を乗り越えたあとは、高さ1.6mの第二障害を乗り越えます。騎手のテクニックの見せ所であるヤマ場、観客も一緒に馬を応援します。4月から11月はナイトレースを開催中。幻想的なイルミネーションの中、駆け抜けるばん馬の姿は、昼とはまたひと味違った感動が。

「ばんえい」をもっと楽しみたい!そんな方にオプションプランをご紹介。

●バックヤードツアー

馬と人が暮らす厩舎地区、普段は見ることがで きないばんえい競馬の裏側をご案内します。
実施日時/レース開催日 ナイター開催期間 14:10頃
参加費/有料

●朝調教見学ツアー

早朝からはじまるばん馬たちの調教。朝日に馬の吐息が照らされ、幻想的な風景をみることができます。
実施日時/重賞競争開催日または、冬季(1月〜3月)開催日の日曜日
参加費/有料

●プレミアムラウンジ

ソファーやオープンデッキでゆったりくつろぎながらコースを一望できるプレミアムラウンジ。ワンランク上の観戦スタイルでレースを楽しめます。
利用料/有料

●大切な記念日をレース名に

あなたの大切な記念日や思い出を冠レースにしてみませんか?ばんえい十勝ではレース協賛を募集しています。個人または団体どなたでも申込みすることが可能。表彰式にプレゼンターとして参加できるなど、嬉しい特典も。

●ばんえい十勝(帯広競馬場)

帯広市西13条南9丁目(JR帯広駅より車で7分。十勝バス帯広駅バスターミナル12番から乗車し約10分。「帯広競馬場前」で降りてすぐ。)
レース開催日/土・日・月
TEL/0155-34-0825
ホームページ/http://www.banei-keiba.or.jp

ばん馬のことなら馬の資料館

十勝の開拓時代に活躍した農耕馬の資料や歴史などが数多く展示されている入場無料の資料館。現在のばん馬の祖であるイレネー号に関する資料や装蹄技術に関する学術書など、貴重な資料が並んでいます。

●馬の資料館

帯広市西13条南9丁目(JR帯広駅より車で7分。十勝バス帯広駅バスターミナル12番から乗車し約10分。「帯広競馬場前」で降りてすぐ。)
TEL/0155-34-7307(とかちむら)
開館時間/10:00〜16:00 □夏期 土曜・日曜は18:00まで □冬期間水曜休館(正月は除く)

動物ふれあいコーナーも!

競馬場内にはかわいい動物たちがたくさん!みんなの人気者ばん馬、ポニーやヤギ、うさぎなどがお出迎え。
ばん馬にはにんじんを食べさせてあげることもできます。

●ふれあい動物園

営業時間/レース開催日の10:00〜17:00、水〜金曜 11:00〜15:00(火曜定休)