帯広開催の魅力

道東道自動車道全線開通

まず帯広市は交通アクセスが充実しています。札幌、新千歳から好アクセス。2011年秋には道東道夕張-占冠間が開通した事により、道央圏、道南圏(札幌・函館)と帯広の間がグッと近くなりました。 道央・道南方面から来られる参加者、或いは本州方面から新千歳空港をご利用される方々にとってはますます利便性が向上しています。

帯広空港 「帯広-東京線AIRDO・JALダブルトラッキング開始」

飛行機2011年3月27日より、帯広空港では新たに「エアドゥ」が新規運航を開始し、JALとのダブルトラッキングがスタートしています。総便数も7便となり、本州方面からのアクセスが更に向上します。 また、空港から帯広までは車で40分です。

おびひろ「食」の魅力

飛行機 帯広市には、名物「豚丼」をはじめ、地元の食材を使用してオリジナルメニューを出している様々な飲食店も豊富です。帯広市内飲食店では、団体様受入態勢も充実しております。 また、帯広のみならず、十勝管内では地元の素材をふんだんに使用した「スイーツ」のまちでもあります。各店、工夫を凝らし、まちを挙げて各々オリジナルスイーツを出しております。

とかち帯広、充実した宿泊施設・コンベンション施設

帯広駅周辺・近郊では、ビジネスホテル・旅館等の宿泊施設が充実しております。コンベンション施設も帯広駅周辺が多く、会場へのアクセスもバスやタクシー等利便性は高いです。また、近郊には、「美人の湯 モール泉」で全国的に有名な十勝川温泉があります。 温泉街には6つの温泉施設が並び、十勝産の食材を使った料理など、それぞれの施設で工夫を凝らしております。